ドイツ気象サービス DWD 分散予想図。訳付き。

0

    DWD ドイツ気象サービスがホームページに掲載してる、放射能の拡散予想図。

    ココをクリックで、見れます。

    [DWD ドイツ気象サービス indexページ]


    3カラムの中央。
    ページ上下の中央付近に、日本の地図があります。


    「Wetterlage und Ausbreitungsbedingungen in Japan」
    の題で、掲載されてます。


    ぐーぐるさんのお手伝いで、訳すと
    ------------------------------------------------------
    日本天気予報、分散条件
    オッフェンバッハ、2011年4月3日

    トップ伝播/日本では火曜日の夜相対的な濃度予測は、斜面でゆっくりと、日本日本へのから高圧領域にはまだ残って西から実行する2011年3月4日12 UTCのモデルから延びている。

    太平洋の南この結果はまた、方向指示汚染物質を大幅に希釈沿岸並列として、南部の日本列島の湖広域火曜日の12 UTCを続け高値斜面の風の流れ運ば濃度つながるが、これは日本南部沿岸地域近い延長することができる。

    写真中央伝播/相対濃度予測UTCは東部福島出荷優勢12日水曜日の隣24時間で実行される2011年3月4日12 UTCのモデルから日本では水曜日の夜日本西部は、しかし大幅に日本の西の部分に影響を与える太平洋の濃度薄めることができるよう南太平洋からに煽ら

    6時間の時間ステップ(画像をクリックするとイメージアニメーションは福島私は250メートルHöhefür三日間の発電所から出発し拡散放射性空気終了積んだ示しています。

    排出量の強さ不明であるため、値相対的な分布濃度未知のソースのとしてのみ希薄化後zuinterpretierenされます。

    地面tatsächlicheradioaktive負荷に結論はことは不可能です位置に関する情報は、BMUwww.bmu.deウェブサイト上で見つけることができます

    Copyright(cドイツ天気予報サービス

    ------------------------------------------------------

    _φ(□□ヘ)フムフム ふむふむ・・・・

    約太平洋?希釈沿岸並列南?東斜面北?出荷優勢??水曜の隣??・・・

    (ー'`ー;)ウームッ 

    判るようなわからないような・・・

    まぁ、たぶん。
    4/6から4/7にかけて、汚染物質は高気圧の影響で、西に流れて、太平洋の海岸線に沿って、西の広い範囲に広がりますよ。
    ・・・って事らしい。

    ちなみに。
    UTCは・・・Universal Time, Coordinated 「協定世界時」の事らしい。
    いわゆる、グリニッジ標準時みたいなものか。

    4/6 12:00(UTC)の予想図

    4/7 12:00(UTC)の予想図


    ちなみに。
    画像のっけようかと思ったけど。。。
    著作権もあるし、ドイツ人はあまり仲良しが居ないんで、勝手なこと出来ないんで・・・

    でも、どんな雰囲気か、伝えたいから・・・
    絵で・・・もとい、落書きで・・・イメージを。。。

    ...φ(ω ̄*)カキカキ・・・・・・かきかき、ぬりぬり・・・

    リンク先の雰囲気

    おおおお・・・ヘタ!
    じゃない。
    なんかが、南へ流れてる・・・
    まさに、なんかが南下してる。。。

    ちがう。
    関東はもう諦めてるが・・・沖縄はキレイなままで残しておいて欲しい。

    ウチは、沖縄の綺麗な海が好きなんです。
    あの宝のようなきれいな海が汚されるなんて、考えただけでも辛い。。。


    あと。
    図の色の濃淡について。
    訳すと。

    放射性粒子の相対的な分布が発行:
    --------------------------------
    濃度がわずかに希釈
    --------------------------------
    濃度はやや低く希釈
    --------------------------------
    濃度が大幅に希釈
    --------------------------------
    希釈かなり濃度
    --------------------------------
    濃度の高い希釈
    --------------------------------
    濃度が強く希釈
    --------------------------------

    もちろん、上が濃い色で、下の方が薄く。

    「濃度が強く希釈」って・・・「全然ジュースっすよ。このカクテル!」って感じで。
    「濃度がわずかに希釈」ってのは、・・・「もろ原液っす。むしろ煮詰まってますよ!」って感じっすかねぇ。

    U(^〜^*)酒なら濃いほうがいいけど。
    うーん。。。


    ちなみに、注意しないとならないのは。
    「放出された放射線の量(こんなに出てますよぉ!)」ではなくて、

    「放出されたモノが、どの方向へ拡散し、分散され、薄まっていく様」を表してる予想図です。


    出てたら・・・こうなりますって事ですね。

    よくコレを見て、「強烈な放射能が関東を覆ってる」って思ってる人が居るみたいですけど。

    放出されたモノが大量で強力なら、そりゃ関東も強烈なモノが降ってくるんでしょうけど。
    少量で微弱な放出な状態なら、微弱なままでやってくるんでしょうね。

    これは、なんたって、誰も、公表しないんですから。分かりません。
    針が振り切れたって、振り切れたって言わないで測定した値って言い切る人たちですから。よくわからないです。ほんと。



    ・・・ただ、怖いのは。
    海は、海流で黒潮に乗って北へ流れて。
    空は、風に流れて南って・・・

    それがほんとなら。世界巻き込んじゃって・・・ちょっと恐ろしい。


    ただ、やっぱり。
    沖縄の離島や、志摩の白浜や、四国や、綺麗な海が、汚されちゃうのは。嫌だ。
    もし汚れちゃったら。東電と保安院と国、マジで許されませんですよ。


    ※翻訳するにしても、ページ上部のナビ帯の右側で「イギリス英語」を選べますので。直訳するにしても、英国英語の方が理解しやすいかも知れません。






    でも、がんばろう。日本!ガンバレ俺。


    放射線の。。。とは・・・図解

    0

      ろくろくさん的な、放射能の解釈。

      いや。嘘ですw ( ̄▽ ̄;
      昨日テレビで見た池上彰の解説が、とても判りやすかったので、便乗・・・

      いや、もとい。オマージュです。

      どうも、贔屓にしてるせいか。
      政治家や専門家が言う「安心です」より、池上彰の「大丈夫だと思います」の方が安心感が数倍違う。 
      そうです、いわゆる。えこ贔屓です。


      で、
      番組を見ての・・・私なりの解釈で、図解。



      放射線について図解

      ただ、うち・・・ワンセグの小さい画面で見てたんで。
      もしかすると、勘違いもあるかも。

      とえいあえず。ひとりごとってコトで。ご容赦。

      ------------------------------------------------------
      ★ 人が感じる暖かさ=シーベルト(放射線の影響)
      ★ 人が浴びた光の量=グレイ(吸収した放射線量)
      ★ 明るさ=放射能の強さ(ベクレル)
      ★ 光=放射線
      ★ 電球の性能(20Wとか60Wとか明るいとか暗いとか)=放射能
      ★ 電球=放射線物質
      ------------------------------------------------------


      で、放射線の影響を、明るい電球と明るくない電球の2つで例えるなら。

      放射線について図解

      ------------------------------------------------------
      ★ 暖かくない=放射線の影響はない
      ★ 光が届かない=放射線を浴びてない
      ★ 暗い=放射能が弱い
      ★ 光ってない=放射線が出てない
      ★ 眩しくない=放射能の影響を受けてない
      ★ 20W=放射能が弱い

      ↑ 明るくない電球=放射能が弱い

      ↓ 明るい電球=放射能が強い。

      ★ 暖かい=放射線の影響がある
      ★ 光が届いてる=放射線を浴びてる
      ★ 明るい=放射能が強い
      ★ 光ってる=放射線が出てる
      ★ 眩しい=放射能の影響を受けてる
      ★ 100W=放射能が強い
      ------------------------------------------------------


      とわいえ。まだまだ、イマイチよく判らない点が多いので。

      それはまた。わかり次第。忘備録的に。。。ここに、続けていこうかと。



      ※素人は素人なりに、勉強しなくては・・・。理屈も知らずには文句も言えんですもんねぇ。


      「万事問題なし」と大本営は発表せり。

      0

         「なんら問題ない。」

        「すべては平常値である。」

        「原発は、なにがあっても安全。」

        まさに、太平洋戦争当時の大本営の発表そのままである。


        東電も、原発保安院も、政府も、国も、原子力の専門家という科学者も、口を揃えて、「問題はない。平時と同じです。」を繰り返す。

        不思議だ。
        「問題ない」という割には、ほとんど「有事」である。

        ---------------------------

        鼻が効くのか・・・外国の大使館は、ほとんどが東京から逃げ出し、関西に拠点を移してしまったという。

        やっぱり、福島の原発はヤバい?。

        ---------------------------

        それでも、
        「被爆より、パニックが起こる方が怖い」

        「パニックは連鎖するけど。被爆は・・・目ニ見エナイシね」

        クニガナクナル。セカイガコワレル。

        怖い怖い。

        アメリカが、被爆国の日本が、地球を被爆させてる気か!と怒ったとか?

        うーんn。やっぱり、怖い。

        ---------------------------

        致命傷じゃないけど、ちょっと重体。

        でも
        寝不足で酔っ払った医者に「あーダメだね。ほっとこう」って言われたらコロってお陀仏しちゃいそうだけど。
        可愛い看護婦さんに「大丈夫ですよ!すぐ良くなりますよ!」って言われたら・・・確かに治るような気がする。

        あ〜だから、「問題ない」って繰り返してるのかな。

        ---------------------------

        ヤバいハズなんだけど、誰も声を大に叫ばない。

        やっぱり・・・不思議だ。

        ---------------------------

        なにか楽しい話はないかと、テキトーに検索すると。
        逆に、ちょっと怖いページを見つけてしまった。

        平井憲夫さんという方が書かれたもので「原発がどんなものか知ってほしい」と題される文章を見つけた。

        原発がどんなものか知ってほしい

        内容は、原発の建設に関わった平井さんが、建設・維持・管理に従事し感じた、
        原発と東電への不信と将来の危惧を書かれてます。

        この言葉のすべてを鵜呑みにはしなくても、かいつまんだだけでも、かなり怖い話がいっぱい書かれてます。

        怖い話は数知れずなんですけど。
        抜粋。

        「・・・現在は原発のゴミは・・・全部で三百万本のドラム缶をこれから三百年間管理すると言っていますが、一体、三百年ももつドラム缶があるのか、廃棄物業者が三百年間も続くのかどうか・・・」

        うむぅ・・・JALも潰れる世の中だし、防災施設だって金食い虫だって仕分けされる世の中だし、
        その辺の小さい会社はともかく、名の通った大企業だって、倒産したって、「あそこもついにか」と驚きもしないご時世である。


        「…耐用年数が十年といわれていた原発が、もう三〇年近く動いています。そんな原発が十一もある。…」

        あ、いや。さらに年は流れ、寿命が3倍に伸ばされ、限界30年と言われた福島の原発は、今では40年動き続けてます。


        「…防護服というと、放射能から体を守る服のように聞こえますが、そうではないんですよ。放射線の量を計るアラームメーターは防護服の中のチョッキに付けているんですから。つまり、防護服は放射能を外に持ち出さないための単なる作業着です。…」

        これは、なるほどと思った。TVや映画で見る「放射能防護服」は、潜水用作業服というか、宇宙服というか、真っ白い如何にも丈夫そうな、頭から足先まで完全に覆われた服だった。アレはたしかに防いでくれそうだけど。
        でも、TVで流れる…福島原発で作業してる、全国から派遣されたハイパーレスキュー隊って、普段火災現場で見かけるオレンジの防火服なんだね。
        防毒マスクはしてるみたいだけど、あの服、放射能ちゃんと防いでるのかな。
        もし、汚染された服を着まわしてたら・・・あー。ネガティブだわぁ

        ---------------------------

        そういえば、真偽定かじゃないけど、日当40万で福島第一原発で働く作業員を募集してるとか。

        日当40万!。。。週休二日なら・・・月に800万ちょいちょいか。

        あーでも、一般成人の年間の許容量でライン引くと、屋外で作業できる時間って15分とか長くて20分程度なんだってねぇ。
        15分働いたら、もう許容量いっぱいだから、来年またいらっしゃいって。
        そうすると・・・実労働で考えると・・・うーん。実際の支払いは1万ちょっとかぁ?

        ---------------------------

        ちなみに、私は、条件付きで原爆賛成派でした。

        条件ってのは「完璧に確実に。人が臨界を管理して、原発を管理・運営出来ること。」


        ただ、
        自動車だって、最先端の技術で、完璧な工場で、最高品質のクルマを組み立てても、やっぱりリコールとか起こるわけで。
        うちの車だって、整備してたって、スピードメーターは壊れるし、ドアノブは割れるし、タイヤは外れそうになるし、ガソリンの蓋は開かないし。。。
        素晴しいって言われてる日本の製品だってそんなもんである。


        飛行機だって、自転車だって、電化製品だって、もちろん家だって、橋だって、トンネルだって、不良品は結構普通に売られてたりするわけだし。


        個人的な経験だけど、某家電量販店で買う格安家電の3割は、着荷不良(初期不良)で返品してるし。
        部品を10個作って、9個検査して、すべて正常なら残り一個で組み立てるという。完璧な製品で作られてるハズのロケットだって、結構打ち上げ失敗してるし。


        やっぱり、人間の作るものは、どこかしらミスがあるのが普通だし。
        操作だって、管理だって、人のやることだから、安心ならない。


        平等の人である裁判官だって、ひいきの野球チームが負けた次の日の判決は、死刑だしちゃうコトが多かった。ってブラックな笑い話もあるし。


        まぁ、人のすることは、ある程度ミスする前提で考えとかないと、ちょっとあとあと大変な事態になってしまう。

        文字校正だって、何度もチェックやってますけど、やっぱりどっか誤植してますし。

        でも、それを原発に当てはめちゃうと…ちょっとヤバい。
        だから、アタイは、現実的観点から「原発反対派」

        ---------------------------

        そういえば。
        現場の作業員の現状がニュースで流れたけど。

        朝食はビスケットに野菜ジュース。昼はなく、夜は非常食の米と缶詰一個。
        寝るトコはなく会議室や廊下に雑魚寝で、
        水は制限があり、一人ペットボトルが1本。

        震災当初は、仮眠1時間、労働23時間だったとか、
        記事は、「・・・もう、乾パンを噛む力がなくなってきた。」と締めてあった。

        今はいくらか改善されてるのだろうか。


        あいや。もとい。そんな劣悪な環境でまともな処置が出来るのだろうか。
        ・・・・・・・・・・・考えると考えるほど、やっぱり不安だ。

        ---------------------------

        最初の地震の際に、ちゃんと制御棒が動いて、緊急自動停止が働いたのだろうか。
        緊急停止されて、臨界が安定収束し、そこに津波に押し流したのだろうか。

        それとも、
        緊急自動停止も働かず、緊急炉心冷却装置の手動停止も出来ず、臨界のまま、津波が来たのだろうか。

        そだとしたら、うーん。どっちにしても。こわい。こわい。

        ---------------------------




        あ、でも、アタイほんと素人なんで。勝手に怖がってるだけなので。
        実際は平和なのかも知れないですから。
        情報が操作されてるようで、実際が判らないから、怖がるだけで。
        早く「普段」が来ればいいんですけど。
        もっと、どぉ〜〜んと構えていようと、思いつつ。。。の毎日です。


        被爆の限界はどこか。JOCを参考事例に。

        0

          JCO東海事業所ウラン加工工場での臨界事故でのコト。


          この事故で、被爆した三人の作業員のケースだと。


          16,000〜20,000ミリシーベルトの被爆をされた方は、82日後に
          6,000〜10,000ミリシーベルトの被爆をされた方は、210日後に
          白血球の減少、機能不全で、亡くなられてます。

          1,000〜4,500ミリシーベルトの被爆をされた方は、闘病の末に退院されてます。


          単位は、
          16,000〜20,000ミリシーベルト=16〜20シーベルト
          6,000〜10,000ミリシーベルト=6〜10シーベルト
          1,000〜4,500ミリシーベルト=1〜4,5シーベルト



          1,000ミリシーベルトで、嘔吐・倦怠など放射線酔いが起こるとか。
          1,500…いや、5,000ミリシーベルトを超えて被爆すると、生命の危険が…とか。


          今は、被爆基準量が50から100へ、さらに100から250ミリシーベルトに引き上げられたが。


          許容量1/20から1/10へ。1/10から1/4…のリスクへ。


          幼児は、100ミリシーベルトで、危険だという。
          大人は、それでも200ミリシーベルトまで安全だという。


          でも、
          打たれ強い人や、打たれ弱い人や、健康な人や、病弱な人や、いろんな人がいるわけで。
          往復ビンタされてもニコニコ笑ってる人もいれば。叩くふりだけで倒れちゃう人もいるわけで。


          今のやり方は、「日本人なら200でも安全です。」的な感じがしてならない。


          そうじゃなくて…「平均的な一般男子なら平気です」、いや。もっと解りやすく…


          ■ 100mを13秒で走れて、腹筋を100回続けても平気で、ご飯を3杯喰って、どんな場所でも7時間ぐっすり眠れる心臓に毛の生えた30代男性なら、350ミリシーベルトまで安全。


          ■ ホラー映画で気を失い、ゴキブリを見ただけで逃げ出し、歩くのは嫌いで、紫外線が怖いと冬でも日傘をさしてしまうようなら、30ミリシーベルトでやや危険。


          的な…具体的な人物像で、君は000ミリシーベルトまでヘーキよ!アンタは000ミリシーベルトね。って親切を、ちょっと期待してしまう。けど、さすがにそれは無理っぽい。。。


          なんだか、日を追うごとにマイクロが、ミリに、ついにミリが…外れたらって。単位がどんどんデカくなってます。これも、ある意味、放射能の影響か。ちょっと心配性になってきました。。。




          アタイは素人っすから、お戯れ言です。
          深い意味はありません。
          あしからず。


          ヨウ素131の半減期。

          0
            の原子核の量 半減期 経過時間 半減した原子核の量
            N0 T t N
            100 8.1 0 100.000000000000000000
            100 8.1 1 91.798546116766200000
            100 8.1 2 84.269730691520500000
            100 8.1 3 77.358387591330100000
            100 8.1 4 71.013875108213900000
            100 8.1 5 65.189704890516400000
            100 8.1 6 59.843201307304500000
            100 8.1 7 54.935188749835100000
            100 8.1 8 50.429704578850000000
            100 8.1 9 46.293735614364500000
            100 8.1 10 42.496976237126200000
            100 8.1 11 39.011606329269500000
            100 8.1 12 35.812087427065700000
            100 8.1 13 32.874975592111500000
            100 8.1 14 30.178749629800100000
            100 8.1 15 27.703653396375500000
            100 8.1 16 25.431551039100800000
            100 8.1 17 23.345794108837900000
            100 8.1 18 21.431099571326800000
            100 8.1 19 19.673437823314500000
            100 8.1 20 18.059929892988700000
            100 8.1 21 16.578753071470900000
            100 8.1 22 15.219054283899000000
            100 8.1 23 13.970870565340700000
            100 8.1 24 12.825056058838000000
            100 8.1 25 11.773215000673500000
            100 8.1 26 10.807640201819300000
            100 8.1 27 9.921256574801250000
            100 8.1 28 9.107569292181620000
            100 8.1 29 8.360616196799780000
            100 8.1 30 7.674924115065070000
            100 8.1 31 7.045468753194810000
            100 8.1 32 6.467637882543890000
            100 8.1 33 5.937197544272490000
            100 8.1 34 5.450261025722490000
            100 8.1 35 5.003260381181990000
            100 8.1 36 4.592920288361250000
            100 8.1 37 4.216234049017610000
            100 8.1 38 3.870441557878230000
            100 8.1 39 3.553009078431330000
            100 8.1 40 3.261610677396670000
            100 8.1 41 2.994111181839350000
            100 8.1 42 2.748550534048050000
            100 8.1 43 2.523129429540720000
            100 8.1 44 2.316196132962640000
            100 8.1 45 2.126234375272460000
            100 8.1 46 1.951852243535030000
            100 8.1 47 1.791771981912640000
            100 8.1 48 1.644820629123370000
            100 8.1 49 1.509921423763900000
            100 8.1 50 1.386085914520840000
            100 8.1 51 1.272406717459410000
            100 8.1 52 1.168050867319810000
            100 8.1 53 1.072253714103860000
            100 8.1 54 0.984313320230370000


            1日経過するごとに、どれくらい減るか。を表にしました。

            N0:元の原子核の量を100とてます。
            T:半減期を8.1日としてます。
            t:日数
            N:減少した原子核の量。
            ※小数点以下18桁まで表示です。

            ヨウ素が、25%以下になるのは、17日後だと判ります。
            ヨウ素が、10%以下になるのは、27日後だと判ります。
            ヨウ素が、1%以下になるのは、54日後だと判ります。

            ちなみに、0.001%以下になるのは、108日後でした。


            うさぎと亀のジレンマ。でしたっけ。ちょっと違うか。永遠にゴール出来ない法則でしたっけ。
            まぁ、いいや。

            亀はゴールするためには、
            今居る場所からゴールまでの距離のまず半分進まないとなりません。
            まず半分進むと、また半分、さらに半分、そしてまた半分・・・どんなにゴールに近づいても、まだ半分残ってて、永遠にゴール出来ない。。。的な。

            放射能はどうなんだろう。そう考えたら、ちょい怖い。

            とわいえ、慌てても逃げ場もないんで。
            どぉーんと生きていきましょうかねぇ。

            1

            ★カレンダー★

                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>

            ★リンク★

            ★カテゴリ★

            ★最近の投稿★

            ★プロフィール★

            書いた記事数:169 最後に更新した日:2016/04/05

            ★アーカイブ★

            ★最近のコメント★

            ★ブログ内を検索★

            ★その他★

            ★モバイル向け★

            qrcode

            AD

            無料ブログ作成サービス JUGEM