がんばっぺ石巻

0
    都民ボランティア(都ボラ4期)


    石巻VC(石巻ボランティアセンター)は、石巻専修大学の敷地内にあります。

    リンク:石巻VCのページ

    石巻専修大学は、三陸自動車道の石巻河南ICを降りて、
    16号線を左右どちらかに曲がり、石巻赤十字病院を目指します。

    ICを降りて、右折なら、ヨーカドーの通りへ左折し
    ICを降りて、左折なら、一個目の交差点で右折し、三陸道をくぐり、ヨーカドーの交差点で左折です。

    どんつきT路地を左折し、一関街道に出て、すぐ「石巻北部バイパス」で右折し、旧北上川を渡り、トンネルを越え、一個目の交差点で左折、学校を廻るようにして構内に入ります。

    がんばっぺ石巻 


    受付を済ましたら、肩に貼る名札シールを貰いましょう。

    がんばっぺ石巻。



    より大きな地図で 石巻VC(石巻ボランティアセンター)への道順 を表示


    また、
    東松島VC(東松島ボランティアセンター)は、三陸道 矢本ICを降り、右折、マックスバリュなどショッピングセンターの交差点を左折、中学校をすぎ、すぐです。

    ※ただし、ここの駐車場は狭いので、この先の公園の駐車場に止めましょう。

    リンク:東松島VCのページ


    石巻VCは、規模が大きいですが、東松島VCは、小さいです。

    借りれる道具も少ないので、装備と個人の判断力が求められます。

    ただし、作業終了後、高圧ホースで、全身の泥を落としてくれるので、とても嬉しいサービスです。 ※石巻VCでは、道具の洗浄用の水は自由に使えなかったです。
    洗い場はありますが、泥水で泥を洗うようなもので・・・キレイにはなりません。



    石巻・東松島CVへの道順と注意箇所など詳細は、下記リンク先を参照お願いします。

    リンク:グーグルマップ「石巻VCへの道順」

    ※大学構内に設置なので、大学と、VCの双方のルールに従ってください。

    慌てず、余裕を持って、しっかりボランティア


    [クルマ]とっても役に立ったホンダ フィット

    0

      都民ボランティア(都ボラ4期)

      [クルマについて]

      今回、使わせてもらったクルマは、ホンダのフィット
      1週間、泥まみれになりながら、よくぞ立派に働いてくれました。



      レンタカーで、1.3リッターのCVTで、燃費はよく経済的で、車体も小さめのコンパクトで、そんな車体の割には荷物は積めて、さらに素直な操縦性で扱いやすい、いいクルマでした。

      クラス的には、Sクラス?コンパクトクラス?と言うんだろうか。お手頃でいい車です。
      もちろん、私には車を選ぶ権限はなかったので、運良くこのフィットに乗れてラッキーでした。


      マーチや、スイフト・コルトも、5人乗車で移動するコトだけで考えれば、それで良かったのですが。
      そこにシャベルやバケツなどの道具を積み、5人分の長靴やヘルメット、各自の着替えや荷物、5人分の飲み水は最低15リッターに、食料を積むと、もうエライコッチャで大変です。


      アウトドアとかで、積み込みに慣れてれば、ともかく。整理整頓が出来ない人達が5人集まると・・・もうダメです。
      少しでも広さがないと車内は荷物で破綻します。


      フィットには、後席の座面下にそこそこ広いスペースがあるので。
      そこに着替えや靴やガラ袋やビニール袋などを詰め込めたのでほんとに助かりました。


      が!
      もちろんそれでもスペースは足りず。
      前席シートの隙間も、サイドブレーキ上の空間も、ダッシュボードの上も


      そして、(普段なら絶対やらないコトですけど)運転席の足元の空間(いわゆる、運転中の膝の下)にも、荷物を詰め込み、
      さらに、シートとドアの隙間にも靴やらサンダルを詰め込み。。。
      創意工夫が大変でした。



      やはり、荷物が詰めるクルマがいいです。


      ワゴンなら、もっと楽に荷物を積めたんでしょうし。
      ワンボックスなら、もっと楽にくつろげたんでしょうし。
      4躯なら、もっと安心して走れたんでしょう。


      でも、でかい車は、正直邪魔なんですね。


      道端には瓦礫や廃材が積まれ、狭くて危険ですし、
      路上には、角材や金属片が当たり前に転がってますし。
      場所によっては、地盤沈下の影響で10〜20cmくらいは冠水してますし、
      そんな狭い道を、自衛隊や救援物資輸送のトラックは走りますし、
      当然彼らが最優先で、こっちは譲る方なので、
      やはり被災地では、コンパクトな車がいいと思います。

      作業中に路上駐車するときも気を使いますし。
      デカさは魅力ですが、宮城では小さいことで助かったことが多々ありました。


      ただ、屋根の上に・・・
      ルーフキャリアや、ルーフボックスがあれば、荷物をそこに詰め込めたなら、あんな苦労もしなかったかなと。。。とも思いました。

      ←こんなのね。


      震災ボランティアに最適なクルマ選びって
      なかなか大変です。
      (ー'`ー;)ウームッ


      今ゆっくり考えてみると。

      個人的には、フィット的なコンパクト車がベターですけど。
      立体駐車場とか関係ないので、もっと背の高い。。。軽なんかだと、ワゴンRやタント的な
      乗り心地も積載性も優れた、トールワゴン系が良いのかなと思います。

      ←これなら人間は楽かも。

      ただ、タントなど軽は、定員4人なので
      やはり5人乗車が・・・
      って1.3くらいでコンパクトなトールワゴンってあるんだろうか。



      一番最最適な車選びとか・・・そんな事考えちゃうと。なんだかボランティアも大変です。
      (⌒〜⌒;A


      石巻

      0
        クルマが地面に刺さり、立っていた。

        家に船が突っ込んでいた。

        腐ったヘドロの臭いが鼻にまとわりつき。

        ガラスに釘に薬品危険物だらけの道に気が抜けず。

        巨大なタンカーが陸にのりあげたままで。

        壁のない家が並び。

        瓦礫が山のように積まれ、子供達が消えた公園の隅き、風に揺れるブランコ。

        屋根がちぎられたクルマ。
        なにだか判らない金属の塊。
        打ち上げられた魚。


        線路に転がったままのクルマ


        正面の惨状に絶句し、右を向き。
        左を向いても、後を向いても。
        やはり同じ風景に絶望に潰されそうになる。
        360度周りが全て壊滅であり
        あの日から1ヶ月経ち。

        ここにまだ、これから先に見えるモノが…なにもない。

        そこに…あってはならないモノがあり。
        なくてはないモノがない。


        まさに、日々積み重なれ淡々と続いてたごく普通の日常が海に流されて、
        瓦礫とヘドロ以外は全てなくなった


        庭と部屋の瓦礫を片付け。
        身動きできない狭い床下に、体折り曲げ潜り、腹ばいに這い回り、流れ込み溜まった海水を掻き出す。

        たった一週間だけど
        見も知らぬ誰かの生活が少しでも復活するように。
        いくらかでも、傷が癒えるように。
        出来る範囲を精一杯、がんばる。
        時間が許す限り、体力が続く限り、がんばる。
        休憩時間に、風船を膨らまし、子供達にあげたら喜んでいた。

        もっと…もっと…風船や、お菓子や、遊び道具を持ってくれば良かった


        「カナラズ、モトニ、モドルカラ。スコシヅツ、カナラズ。」


        ヘドロを掻きだしながら、ワタシは叫ぶ。


        海のモノは海に返してやる。
        海よ!
        だから、この人たちの、ささやかな日常を返してやってくれ!
        せめてもう、これ以上奪うのは止めてくれ!

        1

        ★カレンダー★

             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        2425262728  
        << February 2019 >>

        ★リンク★

        ★カテゴリ★

        ★最近の投稿★

        ★プロフィール★

        書いた記事数:169 最後に更新した日:2016/04/05

        ★アーカイブ★

        ★最近のコメント★

        ★ブログ内を検索★

        ★その他★

        ★モバイル向け★

        qrcode

        AD

        無料ブログ作成サービス JUGEM