いわき市災害救援ボランティアセンターの案内

0

    いわき市災害救援ボランティアセンターはこちらの地図を参考にしてください。



    より大きな地図で いわき市災害救援ボランティアセンター を表示


    一億総福島を見捨てはしない。

    0

      ボランティアセンターがある市内中心部は、ビルが沈下したり浮いたり、基礎の下が覗けるようなビル
      もあるが、全体的に平穏そうに見えた。

      朝、
      市役所裏を流れる新川の川原は、青々と緑深く、風さわやかで気持よく

      人々は足早に仕事場に急ぎ、
      コンビニは朝飯を買う客でレジには行列ができ、
      子供たちは笑顔で学校へ向かっている。


      駅前のビジネスホテルは、ここ最近相次いで営業再開を始めたらしい。
      日々着々と復興に向けて街は動き始めてる。


      朝から陽は強く暑さの気配を感じたが、風が涼しさを運んでくれた。


      ボランティアセンターでは、早くから人が集まり、
      受付開始を待っている。

      ようようなスタイルで、各々慣れた道具を持参したボランティアが集まり、
      それを、ヘッドセットをつけたスタッフが慣れた様子で行列を指示してる。


      初回組も多いが、継続組も多い。

      パッと見で…4列の10〜15列で、40〜60人か?
      初回組も40〜50人は集まってる。

      関東や水戸周辺から来るボランティアが多いと思っていたが、
      話を聞くと、意外なことに地元の方がとても多い。

      「ウチも大変だったけど、他所も大変だから」って。
      もう・・・頭が下がります。


      マッチングを済ませ、グループを作り、クルマで豊間地区へ向かう。

      241号線は、まだ植えたばかりか、苗の緑が水面に写る青い水田が続くのどかな道で、
      たまに瓦が落ちたお宅が見えるが、それ以上の被害は見えなかった。

      拍子抜けるほどののどかさに気がゆるみそうになる。

      15号線で、右折し、海岸線と平行に走ると、
      急に道が荒れ始める。
      陥没や隆起、段差でスピードが出せない。

      それでも、石巻や東松島で見た津波の被害は見えず、なにやら
      違和感を感じる。

      豊間地区へ向かう道は、警備員が立ち、許可のないクルマは通行止めになっている。

      ボランティアで地区に入る件を伝え、誘導に従って左折し、山向こうの海に向かう。

      なだらかな丘を越え、海が見えたとき、同時に破壊された地区が目に飛び込んできた。

      道がだと判るのは、瓦礫が無いからで。

      たぶんここは本来はのどかな漁師町だったんだろうが、そこに町の気配はない。

      銀行の看板がへしゃげて倒れ、基礎だけの地が続き、集められた瓦礫が山になり、破れた防波堤を塞ぐ土嚢が規則正しく綺麗に積み重ねられている。

      折れた柱、ちぎれた交通標識のポール、倒れた電柱と、転がった変圧器、クルマは潰れ、サビて赤くなり、海風に瓦礫の山から砂かホコリか、舞いあがり、視界をぼやけさせる。

      きっと漁で賑わった町であろう。

      大漁の時は、酒に歌に笑い声に、大いに賑やかな夜を過ごしたのであろうが、
      今のここには、生活感のかけらもない。

      山と海に挟まれたとても狭い地域に、津波が押し寄せ、
      押しつぶし、押し流し、そして、飲み込んでいった。

      正面から来た津波は防波堤を壊し町を飲み込み、
      また横から来た津波は、軽々と防波堤を乗り越え、総てを押し流していったという。


      平野が続く宮城の海辺と違い、山が迫り、平地は狭く、海岸線に沿って伸びた土地に来た津波は、
      僅かな人間の生きてきた総てを飲み込んでしまった。


      高台に逃げ助かった人は、二日三日、水が引かず、そこから下りれなかったという。



      線を引いたように、ここまでは壊滅。ここからは平穏。的な福島。
      確かに内陸部は、震災を忘れようと努力してるとも聞く。
      沿岸部と内陸部での被災の温度差が、微妙な対立を生じてるとも聞く。


      地震と津波と原発と放射能と・・・
      宮城とも岩手とも違う・・・
      福島県いわき市は、とても複雑な状態のままに感じる。



      がんばろう、がんばっぺいわき


      土地の人と話してて、
      いわきナンバーのクルマで走てたら「帰れ!」って石を投げられたとか。
      福島から来たと判ると宿が急に困ったような態度になり、申し訳なさそうに「満室なんです」と宿泊を断られたとか。

      今でも余震に怯えいつでも逃げ出せるように洋服のまま寝てるとか、
      風呂もゆっくり浸かることも出来なくなったとか。

      宮城・岩手はニュースで流れるけど、いわきのリアルは報道されないって、悲しそうでした。


      地震だけならなんとかなった。
      津波も残ったものでなんとかするだろう。

      でも、放射能だけは眼に見えないから、怖いって。

      それはほんとにそうだなって思った。

      そんな話を聞きながら、福島を見捨てようとしてた都会人に無性に腹がたった。



      心無い人間も確かにいるけど。
      いわきVCには多くのボランティアが集まっている。

      きっと。一億総福島を見捨てない。

      少なくとも、私はまた近いうちに支援に行こうと思う。



      ※参加者募集中。。。(⌒〜⌒;A


      これを貼ると気が引き締まるんです。@いわきVC

      0

        受付を済ますと、日付と名前が書かれた腕章を貰えます。

        腕章はシールになってますので、腕の目立つ場所に貼ったら
        みんな震災ボランティアの仲間です。


        いわき市VC

        中には、参加した分、何枚もの腕章を貼ってる強者もw チョーかっこよかったです。


        作業が終わったあとには・・・@いわき市VC

        0

          作業が終わりましたら、VC(ボランティアセンター)に戻り、
          お借りしてた資材を返却し、報告書を書いて、スタッフさんに状況報告して、
          今日の作業終了です。

          ボランティアセンターの前では、
          疲れた身体に、嬉しいサービスが、冷たいポカリが待ってます。
          名前が付いてるクーラーボトルの「給水君」・・・てそのまんまでw 楽しい。


          いわき市VC

          美味しい水も、栄養ドリンクも、野菜ジュースも、すっぱぁ〜〜い梅干も。
          疲れた身体にとっても嬉しいいわき市VC心遣いです。。



          それは、なんとも壮絶でした。

          0
            福島県いわき市に来てます。

            3時半出発。
            首都高&常磐道走って

            いわき市に到着は、6時半頃。

            まだ時間あるので周辺を散歩して、
            8時半頃か、いわきVCに向かうと・・・

            すでに、ボランティア希望者でかなりの行列。

            受付を済ませ。
            オリエンテーションに参加。
            ニーズ表を頂き、参加者をマッチング。

            頭数も揃って、
            海岸沿いに…向かい。

            道中、平和な水田が続く風景が、海岸に近づくと
            一転。

            目を疑うような、
            破壊の光景。

            2ヶ月たった今でも、そののままで恐ろしかったです


            日中とても暑くて、雨ガッパ上下は辛くて、途中クラクラして、体が動かず、
            アタマも回らず。
            暑さに負けてへこたれてましたが。


            午後は、雨合羽(上)を脱ぎ、Tシャツ一枚になり、
            水分補給に努め…
            やっと復活。

            ちゃんと、与えられた作業は無事こなして、
            3時過ぎ終了となりました。


            今回、ここは、ヘドロ的なモノはなくて。
            雨合羽を脱げて、良かったです。

            あのまま雨合羽上下で作業続けてたら、マジでくたばってました。

            臨機応変。
            ケースバイケース。

            その時最善を選ぶのも大事だなって思いました。


            明日もいわきで、ちょっくら頑張ってきます。
            ( ̄ー ̄)bグッ!








            着いた!いわきVC

            0
              110520_0709~01.jpg
              いわきVC着きました。


              今日も暑くなりそうです。


              9:00から受付
              ちょい待機。

              1

              ★カレンダー★

                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              30      
              << June 2019 >>

              ★リンク★

              ★カテゴリ★

              ★最近の投稿★

              ★プロフィール★

              書いた記事数:169 最後に更新した日:2016/04/05

              ★アーカイブ★

              ★最近のコメント★

              ★ブログ内を検索★

              ★その他★

              ★モバイル向け★

              qrcode

              AD

              無料ブログ作成サービス JUGEM