[改訂]PHS。ちなみにDDIポケットの aiwa PT-H50

0

    [改訂]PHS。ちなみにDDIポケットの aiwa PT-H50


    ウィルコムじゃなくてDDIポケットの頃のPHS



    初めて買ったPHSが PT-H50 です。
    1円とか100円とか、高くても数千円くらいだったか。そんな値段だったような気がします。

    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    当時、ケータイは通話料が高くて。安いと言われてるTu-Kaを持ってましたが、
    それでもやはり月額1万超えの請求は普通で。話し込んじゃうと、2万、3万って月もあって。
    これじゃ駄目だ!と、「PHSは通話が安い」と聞いて、興味半分買ったのでした。

    メーカーはアイワ。
    もうなくなっちゃったブランドけど。音響メーカーだったアイワがPHS作ってたんですね。
    久々に手にとって見てたら・・・「あ!これアイワだったんだ!」って今更驚きでした。
    というか。アイワを知らない世代も結構居そうです。

    aiwa PT-H50

    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50

    ★フィリップのキー

    「文字送出」ってなんでしょう?
    「電話機」と「トランシーバ」のボタンで、切り替えて使えるんですね。
    対応する親機経由で、2台のPHSをトランシーバーの端末登録すると、数百mくらいの範囲で、時間は一回で1分くらいかな?トランシーバーとして使えたんですよね。確か。

    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    ★キー

    「入/切」の電源ボタンがあるのが時代を感じる。
    「通話」と「終話」が存在を主張してます。
    数字の入力が「1〜5」が「9キー」に、「6〜0」が「0キー」に分けられてるのが面白いです。

    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50


    ★とにかく分厚い筐体。


    塊感がすごい。

    粘土みたい。
    いや、こねてる途中の手作り俵ハンバーグか、ドリンクの紙パックに砂を詰めました、的な感じかも。
    カタマリ感と、重さが、いいバランスで。デカイ。

    そうそう。短い太巻き(今なら恵方巻き)を潰して角張らせた感じって、いい表現かも。


    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50

    ★フィリップ

    キー部分をカバーするフリップタイプなんだけど、
    フリップの裏にもキーを置いててます。
    これはこれで画期的だけど、打ちにくい。

    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50

    ★正面

    通話マイクは、フィリップの裏にあります。
    ですので、フィリップを開かないと通話は出来ません。
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50

    ★側面

    この時代だから、バッテリーがとてもデカイんですね。
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50

    ★背面

    バッテリーのケース(カバー)と充電用の端子。
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    ★液晶

    確か、この時代だと、カナと英数字くらいしか扱えなかったような。

    漢字なんかとんでもない。
    もう忘れちゃったけど、平仮名も使えなかったような。

    アドレス帳に登録するなら
    「ろくろくさん@PHS」とかじゃなくて
    「ロクロクサン」ですね。

    その他の属性的な項目も設定ないから。
    星座や誕生日とかメモとか、ある意味らくです。

    液晶も小さいし、当然白黒のドットだし、グレーなんか表示できないです。
    液晶下の数字は・・・確か短縮登録の表示だったような。。。いや、違うかも。もう忘れました。

    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    ★アンテナ

    アンテナは、固定で伸びません。肩こりに、ツボ押しで使えそうな硬さw
    ヘッドセット用のミニピンジャックと、通話音量のボタン、録音、再生ボタンが配置されてます。
    あと、ストラップ用の取り付けもあります。

    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50 


    もちろん、こんな文字数の少ない液晶だから、PメールDXも、Pメールも、無かった。

    通話だけ。

    電話帳を搭載してるから、コードレステレフォンの、外でも使える子機ですね。

    当時のDDIポケットは、まだまだサービス開始直後だったからか。
    都内でも、いや、山手線の内側でも電波がなくて。
    これがまた驚くほどに電波がなくって。

    ※ここで言う電波が「ない」というのは、「電波がうすい」とか「アンテナが1本しか立ってない」とか「三本立ってるけど通話できない」って意味じゃなくて、「電波が存在しない」って意味での「ない」です。

    なので、PHSを使いたかったら電波を探して、賑やかな場所を探して街を彷徨ったものです。

    ちなみに、
    運良く電波を捕まえたら、そこから動いたらダメです。
    歩きながら通話なんて、とんでもありませんw

    PHSは、数年後に導入されるH"(エッジ)搭載まで待たないと実用的ではなかったです。


    ★バッテリー

    背面カバーがバッテリーケースになっているタイプ。
    本体から、カバーを外して、カバーからバッテリーを取りはずします。

    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50


    ★バッテリーを外してみた。

    370mAhって・・・iPhoneが1420mAh、auのT006が930mAhだから、容量はかなり少ない。

    PHS DDIポケット aiwa PT-H50
    PHS DDIポケット aiwa PT-H50


    ちなみに、ウィキペディアによると、「端末で唯一着信バイブレーター内蔵端末であり・・・当時考えうる機能がほとんど網羅されたいわゆる高機能端末であり・・・当時最強と言われた。」とべた褒めです。

    URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%A0

    うーん。当時最強? 記憶に全くないw 不思議w


    [改訂]PHS。ちなみにDDIポケットの Victor TN-PZ5

    0

      [改訂]PHS。ちなみにDDIポケットの Victor TN-PZ5

      ウィルコムじゃなくてDDIポケットの頃のPHS

      電話番号だって、まだ050でした。
      ワタシの買った、2台目のPHSがこのPHSでした。



      Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5

      最初に買ったaiwaのPHS(アイワ PT-H50のページ)が、あまり機会がないまま、バッテリーの寿命が来てしまい、解約しようかとも思ったのですが。
      それでも電波さえあれば、そこそこ使えたし、通話料金は安いし、便利は便利だったので。

      もう少し使ってみようとPHS売り場を歩いてたら、このPHSが1円で売ってたを見つけて。
      カッコ良かったし、アイワに比べたらすっごくコンパクトになって、魅力的だったので。イキオイ買ってしまったのです。

      ビクター(Victor) TN-PZ5

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5

      この頃は、販売援助金のお陰で、契約2年の縛りもなく、解約違約金もなくて、
      1円で買い換えられたので。私はこのほうが良かったのですが。
      今は、高いんだか安いんだか。実質いくらとか。よく判らなくって。苦手です。


      アイワもそうだけど
      音響メーカーのビクターもPHS作ってたっていうのも、なんかすごい。
      何でもありのすごい時代でした。



      ★シンプルでかっこいい。

      この当時はケータイも巨大で、PHSもへんちくりんなのが多くて。
      これはカッコ良く見えたのです。。
      丸みのある柔らかいフォルムが素敵。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
      ★アンテナとディスプレー

      まだまだ液晶は白黒。
      アンテナは内蔵型だから、折れることもない。
      飛び出てないからぶつかっても安心。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
       ★キー

      終話(切る)が中央って、斬新ですね。
      テカっちゃいましたけど、右端は「イチ押」ボタン。・・・イチオシってなんでしょう。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
      ★フィリップ

      フィリップの裏には、マイクがあります。
      コンパクトな筐体でも、フィリップ裏にマイクを置くてあるので、口元の、いい位置で集音できます。


      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
       ★イヤフォン用ミニピンジャック

      ミニピンジャックは、ラバーでカバーされてます。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
       ★ボリューム

      上の丸いボタンが「S」ボタン。そして「ボリューム」のアップダウン。下が「R」ボタン。
      SとRって・・・なんでしょう。
      もう欠片も記憶がありません。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
      ★背面

      すっきりした背面
      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
       ★バッテリーカバー

      バッテリーカバーを外してみた。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
       ★バッテリー

      この頃は、小型化されてます。
      550mAh アイワのPT-H50に比べたら大容量です。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
       ★パソコン通信用のコネクタ

      パームかパソコンか・・・これで通信するために、専用のケーブルを買ったような記憶もあるのですが・・・その記憶も曖昧で。
      使おうとしたけど、使いこなせなくて、それで終わったような記憶もあります。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
       ★ストラップ用の穴とミニピンジャック

      筐体の中央にストラップホールがあるって、ぶら下げていて安定感があって、良いんですよね。

      黒いのがアンテナです。
      データー通信に対応してて


      ※32kbps メガじゃなくて、キロだから、4桁遅いです。

      今のケータイの3.6Mbpsとか、7Mbps超えとか、想像すらしなかった頃ですね。

      それでも、パソコン通信が、9600bpsとか普通でしたから。
      32Kbpsってすごかったんです。


      ※9600bps=9.6Kbps ※32Kbps=32000bps

      さすがにこの時代になると、アンテナも増えて。
      都内ならたいてい使える、便利な電話でした。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5
       ★ロゴ

      レコード犬が鎮座してます。
      ちなみに、この犬の名前は「ニッパー(Nipper)」と言います。

      PHS DDIポケット Victor TN-PZ5
      PHS DDIポケット  Victor TN-PZ5

      当時、ケータイの音質はほんとに悪くって。正直なに言ってるか判らなくて、想像で話ししてたら、向こうもなにも聞こえてなくって、お互い想像で会話してたという。感じです。
      よく問題にならなかったなって感じです。

      それに比べたら、DDIポケットのPHSは音質はクリアで、話しやすくって。
      重宝したものです。

      ただ、まだ移動は不向きで。
      歩いて話してると。最初につかんだアンテナの守備範囲外になると、
      通話が出来なくなったり。

      だいたいPHSのアンテナなんて半径50mくらいしか電波飛ばさないから。一回通話始めたら、そこから動けなくって。

      「持ち運べる公衆電話」って思ってました。



      PHS。ちなみにDDIポケットの Panasonic KX-HV50

      0

        PHS。ちなみにDDIポケットの Panasonic KX-HV50


        ウィルコムじゃなくてDDIポケットの頃のPHS

        aiwa、Victor、そしてPanasonicとの蜜月の始まり。
        3台目のPHSです。
        折りたたみの大型モノクロ液晶。長文メールでもへっちゃらになった端末です。

        Panasonic KX-HV50


        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★7色のお知らせLED

        アンテナと合わせてデザインされたお知らせイルミネーション。着信時、7色に光りました。

        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50


        ★側面

        本体側に、SDカードのスロットがあります。液晶側にはヘッドセットのミニピンジャックがあります。


        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★側面

        ストラップホールと通信用スロットがあります。


        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50


        ★背面

        Panasonicのロゴ。PHSでも「P」なんだと主張してます。


        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★SDカード

        16MBって・・・今だとデジカメの写真が4,5枚しか入りません。
        でも、当時の汎用大容量メディアのFD(フロッピーディスク)で考えたら、10枚分!


        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★メモボタン

        ICボイスレコーダーとして使えました。



        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★データー通信スロット

        専用の通信ケーブルをさして、パソコンとつないで、パソコン通信が出来ました。


        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★バッテリーカバーのロックボタン

        スライドさせて、ロック、ロック解除できます。
        当時は、結構ケータイを落とす人が多かったから、ロックも必要だったのですかね。



        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★アンテナ

        このアンテナは伸びます。びょ〜ろんと伸びます。



        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★ボイス&データーコミュニケーション

        時代は、もう通話だけじゃない。



        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★ファンクションボタンとセンターボタン

        この頃から、ファンクションボタンが一般的になったような。
        十字キーやセンターボタンも、やっと今風に。

        いや、今は、タッチパネル全盛だから、ちょい今風。



        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★キー

        *に「マナー」が、♯に「ドライブモード」が設定されました。いろいろあった時代背景です。



        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★プッシュでオープン

        プッシュボタンで、オープンしますが・・・90度の半開きです。


        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★バッテリーカバーを開けます。

        ロックを外して、バッテリーカバーを外します。


        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★バッテリー

        620mAhの大容量バッテリー



        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★バッテリーはしっぽ付き。

        当時は、接点の端子だと錆びたり、接圧不足で電圧落ちたり、って信用してなかったのですかね。だから、コネクタで確実に接続してるんですかね。



        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50

        ★オープン検知

        ヒンジを挟んで液晶側に突起が、本体側にボタンが、これが、オープン検知ですね。



        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50
        PHS DDIポケット Panasonic KX-HV50


        ★仕様

         サイズ:
          H94×W49×D19mm(アンテナ等の突起部除く)

         質量:
          約96g

         連続通話時間:
          最大約9時間

         連続待受時間:
          最大約1200時間(本体を閉じた状態)


        ★基本機能

         電話帳件数:
        最大400件(1件:電話帳3件、メールアドレス4件、メモ)

         着信履歴件数:
        20件

         リダイヤル件数:
        20件

         ライトメール履歴件数:
        送信履歴10件、受信履歴100件(Pメール含む)

         Eメール・DX履歴件数:
        送信履歴約200件、受信履歴約700件

         α-PHS親機:
        対応


        ※ソース:仕様と基本情報は、ウィルコムの機種ラインナップのページより。


        auの新旧3機種を同時起動して速さを比べてみた。

        0
          auの新旧3機種を同時起動して速さを比べてみた。

          auの、新旧三機種を、並べて、同時に電源を入れてみました。

          どれが早く立ち上がるか。
          比べてみました


          W43H。W62CA(G’zOne)。T006の三機種です。

          それぞれ、KCP。KCP+。KCP3.1の異なる仕様です。

          スナップドラゴン搭載のT006が1番だと思ったのですが。
          意外にも、ふた世代前のW43Hが僅差でトップでした。






          DDIポケットからウィルコムの歴代PHSを動画にしてみました。

          0
            DDIポケットからウィルコムの
            歴代PHSを動画にしてみました。

            最近は、あんまり機種変しなくなりましたが、以前はかなり頻繁に機種変更してたので
            今使ってるハニービー4で、なんだかんだの10台目です。


            初期のPHSは、電波もなくて使えなくって、困りものでしたが。

            H"(エッジ)導入から、かなり使える通信端末になって、

            この頃は、ケータイも通話品質が悪くて、しかも高額でしたから、
            コストパフォーマンスと通話品質で、いい勝負できると思えたものです。

            Air H"で、十分満足できるレベルになって。

            なぜか、ウィルコムになって、じわじわ品質下がって。

            今は。10分以内の通話オンリーで、重宝してます。


            なんでも、そろそろ・・・近いうちに
            PHSの070とケータイ版070とで、MNP出来るんじゃないかって、話も聞いたので。

            この番号で、PHSで使うか、ケータイに乗り換えるか、悩むトコです。

            ただやっぱり。
            メルアドもMNPできないと・・・キャリア変更は、まだ悩むとこです。




            PHS。ちなみにDDIポケットwその2 ビクター TN-PZ5

            0
              調子にのってPHS第二弾w
              (;・∀・)

              ワタシ的に、2台目のPHSはビクター。

              Victor TN-PZ5

              最初に買ったaiwaのPHS、アンテナ不足で活用されないままバッテリーの寿命が来て、
              確か此頃は、販売援助金のお陰で、2年の縛りもなく、機種変更も1円で買い換えられたので。
              うんうん。カッコも良かったし。
              aiwa PT-H50に比べたら格段に性能は良くなったらしいので、イキオイ買ってしまったビクターでした。

              ってか、ビクターがPHSを作ってたってww
              アイワといいw ビクターといいw
              何でもありのすごい時代だw

              アンテナ内蔵で。
              データー通信に対応してて
              ※32kbpsですよ。
              今のケータイの3.6Mbpsとか、7Mbps超えとか、想像の範疇に無かった頃っすねぇ。

              それでもパソコン通信が、9600bpsとか普通でしたから。
              32Kbpsってすごかったんですよねぇ。
              ※9600bps=9.6Kbps
              ※32Kbps=32000bps

              さすがにこの時代になると、アンテナも増えて。
              都内ならどこででも使える、便利な電話でした。

              Victor TN-PZ5
              ▲Victor TN-PZ5

              当時、ケータイの音質はほんとに悪くって。
              よく会話出来たなwって感じで。

              それに比べたら、DDIポケットのPHSは音質がクリアで、話しやすくって。
              重宝したものです。

              ただ、移動は不向きで。
              歩いて話してると。最初につかんだアンテナの守備範囲外になると、
              通話が出来なくなったりw

              だいたいPHSのアンテナなんて半径50mくらいしか電波飛ばさないからw
              一回通話始めたら、そこから動けなくってw

              まあ、「公衆電話を持ち歩いてるんだ」って思ってたから。不満も感じずw
              喜んで使ってましたっけw


              あ〜、懐かしいw






              PHS。ちなみにDDIポケットw aiwa PT-H50

              0
                ちなみに、ウィルコムじゃなくてDDIポケットの頃の話ねw

                アイワがPHS作ってたなんて。
                今考えたら・・・なんかすげぇーw
                Σ(´∀`;)

                ってか。アイワを知らない世代も結構居そうだw

                aiwa PT-H50

                フィリップタイプ。 

                「入/切」の電源ボタンがあるのが時代を感じる。

                とにかく分厚い。
                塊感はすごい。

                ストレート型と呼ぶよりは、でっかいマッチ箱?いや、潰れた太巻きを長めに切った的なイメージ?
                ストレートのフリップタイプなんだけど、フリップの裏にもキーを置いてて、これはこれで画期的だったっけ。

                まぁ、この時代のPHSなんてカナと英数字くらいしか扱えなかったのかな。
                漢字なんかとんでもない。
                平仮名ですら・・・うむー、つかえたんだっけ?
                もう忘れちゃったw

                アドレス帳に登録するなら
                「ろくろくさん@PHS」とかじゃなくて
                「ロクロクサン」だね。
                項目ないから、読み仮名打たなくて済むし、星座や誕生日とかメモとか、余計な項目ないから、ある意味ラクw

                aiwa PT-H50
                aiwa PT-H50


                初めて買ったPHSがこれだった。
                1円とか100円とかそんな値段だったっけか。

                とにかく、ケータイは通話料が高くて。

                ※σ(・・*)アタシは安いと言われてるTu-Kaでしたが、それでもやはり月額1万超えは当然の請求で。

                話し込んじゃうと、2万、3万って月もあったし。

                これじゃイカンと、慌てて「安い!」と噂のPHSを買いに走って。

                当時のDDIポケットは、まだまだサービス開始直後だったからか。
                これがまた驚くほどに電波がなくって。

                都心でも、電波に巡り会えるなんて稀でw

                電波拾えたら、便利なんだけど。それは奇跡的な偶然を期待するのと一緒で。
                持ち歩いてはいたけど、使いこなせた記憶はまったくないですねぇ。


                PHSネタ・・・続くか?
                (*゜ω゜);*:;ブッ

                PHSを変えました。9+からハニービー4

                0
                  アド[ES]が電話としてまったく使いもんにならなかったので、

                  イキオイ、「W-SIMジャケットキャンペーン」で、9+(ナイン プラス)を買ったんですけど。

                  これがまた。、悲しいことにナイン+も電波拾わなくって。
                  都内の駅前から、固定電話にかけても、電波切れまくって音圧上がったり下がったりで。
                  使いもんにならないので。。。

                  ショップで聞いたら、「W-SIMはダメです。」ってきっぱり言われて。

                  ちょうど、誰とでも定額も気になってたので。

                  ハニービー4。
                  買い換えてしまいました。



                  今時分のケータイと比べたら
                  Σ(- -ノ)ノ こんなことも出来ないの?的なw
                  通話とアクセサリーだけに機能を絞り込んだハニービー4ですが、
                  まぁまぁ満足です。

                  ホントは折りたたみが好きだし、
                  キーももうちょい大きいと嬉しいんですけど。
                  どうせメールはケータイで打つし、ブラウザーも使わないし。
                  通話だけだから、安く通話出来ればなんでもイイんです。

                  ちなみに、PHSは、これが10台目です。
                  我ながらびっくりしますw

                  今度は長く使いたいもんです。

                  ってか、やっとこさ、ウィルコム。実質純増。祝ですww

                  でも、問題は・・・誰とでも定額でどう収益出すか。。。

                  もうしばらくは頑張ってもらわねば。。。

                  1

                  ★カレンダー★

                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  282930    
                  << April 2019 >>

                  ★リンク★

                  ★カテゴリ★

                  ★最近の投稿★

                  ★プロフィール★

                  書いた記事数:169 最後に更新した日:2016/04/05

                  ★アーカイブ★

                  ★最近のコメント★

                  ★ブログ内を検索★

                  ★その他★

                  ★モバイル向け★

                  qrcode

                  AD

                  無料ブログ作成サービス JUGEM